旅行の観光を主にすれば、宿泊に特化したビジネスホテルはリーズナブルで最適

ビジネスホテルのメリットを考えてみると!

一泊1万以下が多いビジネスホテル群

何といってもビジネスホテルの売りは、リーズナブルな料金が大きな特徴になっていると思います。
シティホテルだと一室2~3万の室料が平均なので、ビジネスホテルの1万以下との差は大きいと感じることでしょう。
その価格差、ホテル施設や提供されるサービスの質の高さがあり、部屋の快適性(広さやアメニティ)の違いがそのまま差になっているといえます。

アメニティという言葉が出てきますが、これはホテルの部屋や施設に装備された備品を指します。
シャンプーや洗顔剤、歯ブラシにブラシ、ヘアキャップ、ヘアバンド、縫製具、ドライヤーなど身近で使用する物品がアメニティに当たるのです。

この点で差が出てきます。
また、ホテルと聞くと映画のワンシーンを思い出すと思いますが、ルームサービスが食事を部屋に運んできたり、ベルボーイやコンシェルジュといった人たちや、キャッシャなどでの為替両替など様々なサービスを提供しています。

一泊1万以上のシティホテル群

前述していますが料金の差がホテル施設やサービスの違いによるところが大きいことを理解できたと思います。
このことから理解していただけたと思いますが、ビジネスホテルは泊まることが最大の目的で、泊まることを主に考えた最小限のアイテムとサービス、ビジネスに必要なものに限定しているのが特徴なのです。
シティホテルともなれば、パソコンやプリンタ、FAXなど設置の独立した部屋なども整備されていたりします。
サテライトルームなどと呼ばれることもあります。

料金が高い部分がそのままサービスや利用可能な設備となっています。
ビジネスホテルは、単純比較して劣っている点も多いのですが、主目的を宿泊することにウエイトを置いたサービスに限定することで、低料金の宿泊環境を提供しているのです。

この意味から観光名所を主に楽しむのであれば、ビジネスホテルは最適だといえるのです。


この記事をシェアする